白翔會のご案内

音重師プロフィール

音雅師プロフィール

音隆師プロフィール

音晴師プロフィール

日本国内の活動

海外での文化交流

動画集

会員募集中

 

HOME >> 白翔會のご案内 >> 音重師プロフィール

白翔會のご案内|音重師プロフィール

坂井 音重(SAKAI OTOSHIGE)
音重師

 

 

 

現職
  • 社団法人 観世会    顧問
  • 財団法人 観世文庫 評議員
  • FEC民間外交推進協会・日露文化経済委員会 委員
  • 重要無形文化財総合指定者
  • 前・財団法人 野村文華財団 評議員

 

 

略歴

昭和14年
東京に生まれる
17年
仕舞「老松」にて初舞台(3歳)
22年
初シテ「経正」を勤める(8歳)
42年
芸術祭奨励賞を受賞
47年
仏、ボルドー文化祭公演に参加
56年
韓国・ソウル「第三世界演劇祭」にて、能「船弁慶前後之替」を演能
58年
仏、パリ・リヨン・グルノーブル公演に参加「羽衣和合之舞」を演能
59年
沖縄、琉球組踊の祖・玉城朝薫生誕三百年祭記念事業として、「道成寺 赤頭」を演能
61年
「坂井音重助成会」(白翔會)発足
63年
日米両国政府主催「大名美術展」(ワシントン・ナショナルギャラリー)のオープニング記念として「道成寺赤頭」他を演能
平成元年
同美術展フィナーレ公演ならびに「ブッシュ大統領就任祝賀能」として、「船弁慶 重キ前後之替」を演能
3年
沖縄本土復帰二十周年を記念して、東京・国立能楽堂にて開催された「能と組踊比較鑑賞会」(主催:芸能学会)において「隅田川」/「放下僧」を演能
10年
(社)能 楽協会理事長 故・坂井音次郎十七回忌追善能にて「安宅 勧進帳・特殊演式一式」を演能。この模様は、NHKより全国放送される
11年
サミットを一年後に控えた沖縄にて「能と組踊鑑賞の夕べ」が開かれ(主催 琉球放送 後援 沖縄県ほか・那覇市民会館)、「羽衣 和合之舞」を演能。組踊は「銘苅子」。
14年
日中国交正常化30周年の主要行事として、釣魚台国賓館および故宮にて行われた「白翔會北京薪能公演」にて、「石橋 大獅子」・「羽衣 和合之舞」・「土蜘蛛 入違之伝」を演能。
16年
日露両国首脳の基本合意により開催された「ロシアにおける日本文化フェスティバル2003」ならびに「サンクトペテルブルク建都300周年」記念事業の「フィナーレ公演」として開催された「白翔會ロシア能公演」において「隅田川彩色」ほかを演ずる。
18年
ロシア連邦政府機関、アジア・アフリカ民族連帯協力推進協会の創立50周年にあたり、同協会より、日露経済・文化交流への貢献に対し、文化関係者を代表して、功労彰を授与される。
19年
日中国交正常化35周年記念、北京オリンピック祝賀及び日中伝統芸術交流大会を世界遺産「頤和園・大戯楼」ほか、にて開催。
20年
長年にわたる国際文化交流が、諸外国との友好親善関係の増進に大きく寄与したものとして、外務大臣個人表彰を受ける。(PDF:172KB)
22年
春の叙勲において、「旭日双光章」を受ける。産経新聞読売新聞
  日露両国の友好関係の発展に寄与したものとして、ロシア連邦大統領より、ロシア連邦友好勲章が授与される

 

 

坂井音重師・主な演能作品(順不同)

  • 安宅勧進帳 小書一式
  • 大原御幸
  • 恋重荷
  • 石橋
  • 卒都婆小町
  • 定家
  • 道成寺 赤頭
  • 三輪白式
  • 乱 置壺
  • 望月 古式
  • 遊行柳 青柳之舞
  • 熊野 小書一式
  • 隅田川 彩色
  • 鸚鵡小町 杖三段之舞
  • 姨捨
  • 求塚

 

 

前のページに戻るpagetop