白翔會のご案内

音重師プロフィール

音雅師プロフィール

音隆師プロフィール

音晴師プロフィール

日本国内の活動

海外での文化交流

動画集

会員募集中

 

HOME >> 白翔會のご案内 >> 音重師プロフィール

白翔會のご案内|音雅師プロフィール

坂井 音雅(SAKAI OTOMASA)
音雅師

 

 

 

略歴
昭和49年
坂井音重の長男として東京に生まれる
51年
2歳6ヶ月にて初舞台(能「鞍馬天狗」・花見、シテは25世・観世左近師) この模様はNHK新春テレビにて放映。
57年
6歳の時、初シテ(主役)を祖父・坂井音次郎追善能の「経正」で勤める。
平成13年
坂井家主催の会、白翔會にて一子相伝とされる能「石橋」(ひとりしゃっきょう)を披く。
14年
白翔會・特別公演にて能「乱」を披く。
15年
日中国交正常化30周年記念として北京・釣魚台迎賓館にて、能「石橋 大獅子」、仕舞「殺生石」を勤める。
16年

観世会初会にて能「翁」の千歳を勤める。(翁・シテは26世宗家 観世清和師)

坂井音次郎23回忌追善能にて、能楽師の登竜門とされる能「道成寺」を披く。
(後見・観世清和師、地頭・観世銕之丞師、鐘後見・岡久廣師)

「ロシアにおける日本文化フェスティバル」に参加。
モスクワ・ボショイ劇場、サンクトペテルブルク・マリインスキー劇場にて仕舞「船弁慶」を勤める。

17年
自ら現地愛好者の稽古に赴いている那覇の「国立劇場おきなわ開館記念公演」にて能「熊野」の朝顔を勤める。(シテ・観世清和師)
18年
観世文庫主催公演「MIRAI」にて、能「紅葉狩」を勤める。
19年
日中国交正常化35周年記念・日中伝統芸術交流大会・白翔會北京能公演にて、北京飯店・特設舞台にて能「土蜘蛛」のトモを勤める。
21年
国立劇場おきなわ開館5周年記念公演にて能「芦刈」の妻を勤める。(シテ・観世銕之丞師)
22年
シンガポール能公演に演能団として参加。
能楽五流の若手を代表し、「若手能 東京公演」(国立能楽堂)にて能「半蔀」を勤める。

 

現在

  • 東京、神奈川、沖縄を中心に全国各地にて活動中。
  • 慶應義塾大学能楽部、共立女子中学・高等学校能楽部の指導にあたっている。
  • その他カルチャーセンター等、舞台のみならず能楽の普及・発展の為に活動している。

 

前のページに戻るpagetop